肌に問題がおきた場合は

肌に問題がおきた場合は

永久脱毛は医療知識のある人が慎重を期して行います。ただ、中には厳密には医療行為である針脱毛を医師の名前を借りてエステサロンで行っているところもあるという話は出ています。

医療機関での永久脱毛でも全く肌トラブルがないわけではありません。よくあるのが炎症の類ですね。事前の説明を聞いて、紫外線に当たらないで乾燥させない等の注意事項を守りましょう。もし、永久脱毛を受けた場所が赤くなって痛い、皮がはがれた等のことがあったら、すぐに施術を受けたクリニックに連絡して指示を仰いでください。

通常はそちらで処置してくれます。そうでない場合は、最寄りの医療機関、皮膚科で診察してもらい、その損傷が永久脱毛によるものだという証明をしてもらいましょう。治療費を保証するクリニックは多いです。
永久脱毛後、炎症が起きた時の基本は冷やすことです。

ジェルタイプや凍らせるタイプの保冷剤は凍傷になる危険性があります。柔らかい流水や氷嚢で冷やしましょう。何とかしようと患部に軟膏などは塗らないでください。特に病院処方の薬は強いので、対象となる疾患以外には使えません。

永久脱毛に関してこれだけはしないでいただきたいことがあります。他の脱毛器や脱毛法を同じ部位に永久脱毛を同時に行うことです。既定の回数には徐々に効果が出るようにして肌の損傷を防ぐという意味があります。折角肌を綺麗にするために行う脱毛です。跡が残ったりしないように正しい知識を持ちましょう。

関連記事

  1. 施術を受けられない人は
  2. 誰のための永久脱毛か
  3. アフターケアはしっかりと
  4. 情報を確認してから予約する